So-net無料ブログ作成
検索選択

親の家の片付け方 [シニアライフ]

◆一人でやらず、「要らない」と言わず
老親が施設に入ったり、亡くなったりした後、膨大な荷物の整理や処分が必要な親の家の片付けに直面するシニア世代が増えつつあります。

そんな時どうしたらよいのか体験者と共に考えてみました。
ある市街地に住む58歳の主婦は2010年の春、当時84歳だった実母と実家で同居するため親の家の片付けに迫られました。

その3年前、家の片付けをよくしていた実父が亡くなり、母親の体力も衰え、実家はネズミが走り回るような状態になっていました。
庭の木々は林のように生い茂っていました。

実家をリフォームすると決め、不要な物は業者に運び出してもらうことにしました。
母親には捨てるものと残す物を分別するように頼んでみました。

しかし、1ヶ月経っても整理がついたのは父親が遺した写真と名刺だけでした。
一方、棚や押入れ、物置は奥の方まで隙間なく物が詰まっていました。

客用布団が10組、火鉢が5台、その上コタツは4台も。
酢、醤油、油の瓶も何十本と残っていました。

明らかに不要と思われる物でも捨てようとすると母親は「なんで捨てなきゃいけないの」と抵抗し、涙ぐむこともありました。

リフォーム終了後も捨てる作業は半年も続きました。
主婦と夫は、そのため4kg痩せ,運送費等不用品を処分するのに約180万円もかかりました。
最後まで残った衣類の片付けが済んだのが昨夏でした。

それでも母の部屋にはまだ7脚もの椅子が残っています。
母親は今でも「あれはどこにいったのかしら」と物への未練を口にします。

そこで、この主婦の感想は「物とは過去を表す物。過去に縛られている限りは捨てられない。
処分するには親にできるだけ未来へ目を向けてもらうしかありません。と思う。」と話しています。

老親は基本的に片付けたくない。物を減らすことには生活を閉じていくイメージがあり、「片付けて」と言われることは「貴方の人生終わりだよ。」と言われるように感じます。
それを理解しないと親は嘆き、子は疲れ、最後には決裂することになります。

「親の家を片付ける 実践ハンドブック」(主婦の友社)の編集者古戸郷子(57)さんは説明する。

下記の業者の対応エリア:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県

【楽天ブックスならいつでも送料無料】親の家を片づける実践ハンドブック [ 主婦の友社 ]

読者の体験談も「きれいになってよかった」という感想よりも「その時は処分せざるを得なかったが親に申し訳なかった」「あれだけは取っておけばよかった」等と後悔する声やストレスから鬱状態になったり、親の物や金品を巡り、親族トラブルにしたケースもあったようです。


◆スムーズに進めトラブルを回避するには

1人でやらないのが鉄則
1人では物理的にも大変ですが、捨てていいか否かに迷う時、自分以外の誰かが「捨てていいんじゃない」と言ってくれることで気分が楽になります。

更に誰も見ていない状態で片付けてしまうと、後から兄弟姉妹や親族から「(親の)貴金属があったはず」「銀行口座があったはず」等心無い言葉や疑問をかけられることもあります。

片付けをスタートする前に一回は関係者で集まり、現場を見ておくように。
それができなければ片付け前に現場の写真を撮っておくと後でもめないで済みます。

また、始める前に、処分するものや、やるべきことのリスト、連絡すべき人、交通費、ごみ収集の日程等基本的な情報や方針を書きだとてみると、判断が付き易くなります。

古戸さんは、「親との同居が当たり前だった時代は、年老いていく姿を眼の当たりにできました。
それを見なくなった今だからこそ、片付けを通じて親の人生を振り返り、最後の親孝行と考えたらいいのではないか。」と述べています。

◆不用品処分の活用法
ものを手放せない一番の理由は、「もったいない」です。
この「もったいない」が、家の中にたくさんのものが眠ってしまうことになります。

捨てるのではなく、リサイクルや誰かに浸かってもらえるなら手放せる。という方も多いのではないでしょうか。
その手放し方法ですが、婦人会や町内会等地域のバザーやフリーマーケットに出すのは如何でしょうか。
知り合いに声をかけるのも寄付するのもいいですね。

リサイクル業者を探すのもアリです。
こんな場合、ネットが使えるか否かで大きな違いが出ます。
なんでも買い取ってもらえるとは限りませんが、可能性が広がります。
但し、リサイクル業者選びは慎重にやりましょう。
金額や条件に納得できるまで、交渉しましょう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。