So-net無料ブログ作成
検索選択

相続放棄受理証明書 [相続]

相続放棄は,申述書を提出しただけでは終わりません。
申述書を提出して1,2週間ほどで,家庭裁判所から相続放棄の照会書が郵送されてきます。
申述書を書いた方は,この照会書に必要事項を記入の上,返信しなければなりません。

2 回答書という名前のとおり,基本的には相続放棄の申述書を提出した方が本当に相続放棄の
意思があるのかを回答してもらうものになっています。

 この回答書の内容は,家庭裁判所によってさまざまです。
自由筆記が多い回答書を用意している裁判所もありますし,選択肢に○をするだけの回答書
の裁判所もあります。

私の場合一般的なことを前提に,回答書で聞かれることを簡単ご紹介します。

(1)  あなたの相続放棄の申述手続きがなされていることを知っていますか?
(2) あなたは,いつ相続人となったことを知りましたか?
(3) 被相続人の遺産はどのようなものがありますか?
(4) 相続放棄の申述は,あなたの真意でしたものですか?
(5) 相続放棄はどのような理由でするのですか?
(6) 他に相続放棄をする人がいて,その方が申述を取り下げたら,あなたの相続放棄はどうなさいますか? →それでも放棄する/取り下げたい,などの選択肢あり

   そのほか,簡単な質問や自由筆記欄がありました。

   御覧になって分かるように,基本的には,相続放棄の申述書の記載事項を改めて確認して,放棄の意思を確認するものです。
   意思を確認するわけですから,署名押印は,必ずご本人が行うこと,申述書に使った印鑑
と同じものを使うことを忘れないようにしてください。

   回答書については,自由筆記欄があるのが通常だと思います。
   裁判所によっても異なるでしょうが,自由筆記欄に疑問・要望(「他の相続人が相続放棄を取り下げたら,相続放棄の申述を取り下げることを考えたいので,裁判所から私に連絡して欲しい」等)を書くこともできます。
   もっとも,必ずしもその要望に応える義務は裁判所にないので,何か疑問・要望等があれば,裁判所に事前に(電話等で)連絡しておくのが良いでしょう。

 ちなみに,回答書の記載にあたっては,本人確認が求められます。
 ですから,回答書の返送にあたって,免許証,住基カード,健康保険証などのコピーを同封しなければなりません。(詳しくは裁判所の指示に従って下さい。)


1. 回答書に必要事項を記入し,裁判所に返信してから,1,2週間で受理通知書が郵送されてきます。
(裁判所によっては,受理証明書が郵送されるのがもっと遅いところもあります。)

2 受理通知書は,その名の通り,「当裁判所は,あなたの相続放棄の申述を無事に受理しま
した」ということを通知するものです。

   通知書が届けば,間違いなく相続放棄の申述が受理されているわけで,相続放棄の手続き
は完了しているといえるのですが,通知書はその事実を通知しているだけのものなので,相続放棄の事実を第三者に対して公に証明するものではありません。

3 第三者に対して「私は相続放棄をしているので関係ありません!」と言うためには,受理証明書(”通知書”と”証明書”は全く違うものです。)が必要になります。
   裁判所から送られてきた受理通知書と一緒に,受理証明申請書が同封されているはずですから,その申請書に必要事項を記入し,1通あたり150円の収入印紙を添付して裁判所に証明書の交付を請求してください。

    
●相続放棄を行った方(申述人)以外の方も,申述人に係る相続放棄の受理証明書の請求が可能です。
 例えば,相続人である子Dが相続放棄を行ったとき,他の相続人CがDの相続放棄の申述受理証明書を請求することができます。
私の場合も,相続登記を行う際に,他の相続人の相続放棄申述受理証明書が必要だったので,他の相続人の受理証明書を請求しました。

 相続放棄をしていない相続人が,相続放棄をした相続人の申述受理証明書を請求するとき
には,請求をしようとする相続人の戸籍謄本が必要になります。
また,1通あたり150円の収入印紙が必要です。

4 相続放棄をした本人(申述人)ならば,受理通知書に受理証明書の申請書が同封されて
いるので書式に困ることはないのですが,他の相続人の方が証明書の交付を請求すると
きは,家庭裁判所にある書式を使って請求することになります。
 色々と方法はあるのですが,ご自分で請求するのに一番良いのは,自分の戸籍謄本を持って,家庭裁判所に直接赴いて,「相続放棄の申述受理証明書を請求したいのですが」と言ってみてください。

 そのとき,「私は相続人なのですが,他の相続人がこちらで相続放棄をしたので,その方の申述の証明書が欲しいのです」と説明すれば,裁判所もスムーズに手続きに応じてくださると思います。

5 なお,このとき,本人確認を求められることがほとんどです。
  免許証などを必ず持参するようにしましょう。


相続放棄申立書  司法書士  福岡市
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。