So-net無料ブログ作成
検索選択

喫煙の認知症リスク2倍 [健康]

たばこを吸う人は認知症になる危険度が2倍に高まるとの調査結果を九州大の清原裕教授(環境医学)らの研究グループがまとめた。

6月14日の日本老年医学会で発表した。
かつて喫煙は認知症を減らすとの報告があり、近年、それを否定する報告も海外で相次いでいたが、日本人対象の研究でも、たばこが認知症のリスクとなることが示された。

今回の調査は、1988年時点で認知症でなかった福岡県久山町の高齢者712人の集団(平均年齢72歳)を15年間追跡しました。
また、この集団の15年前(72~73年、平均年齢57歳の中年期)の健診記録を照合。
中年期、高齢期の喫煙状況と認知症発症の関係を調べました。

追跡期間中に認知症を発症したのは202人。
中年期、高齢期の各時期で「喫煙」「過去に喫煙歴あり」「非喫煙」に分けて分析すると、喫煙者は非喫煙者に比べ、認知症の発症リスクが2倍になったことが判明しました。

過去に喫煙歴がある人と非喫煙者では明確な差はなかったのです。
脳に良い習慣と悪い習慣

◆ 積極的な禁煙を!
タバコと認知症の発病には大きく関係性があり、脳のMRIを見てみるとやはり隠れ脳梗塞が多い印象を受けます。
そのため、脳の機能が低下し、物忘れの自覚を訴えるのです。
また、タバコは、他人への迷惑にもなります。
自分だけならまだしも、他人の煙をすってしまう受動喫煙も認知症の発症率を上昇させてしまいます。
脳に悪い習慣の代表が喫煙です。
周りの人への影響もありますので、見直したい習慣です。

◆ 自分の健康を害するだけではなく、他人にも影響を与えてしまう喫煙行為。
今までタバコを吸っていたとしても、健康的な行動に生活習慣が変わることで、認知機能の低下になりにくいので、只今、即刻禁煙しましょう。

◆コーヒーは認知症を予防する!
フィンランド・クオピオ大学およびスウェーデン・カロリンスカ研究所のMiia Kivipelto教授による20年以上の聞き取り調査によると、コーヒーを1日3.5杯飲む中高年は、高齢になった時に認知症やアルツハイマー病を発症するリスクが60.06%低いという結果を公表しました。

なぜ、コーヒーが有効なのかは不明ですが、カフェインやニコチン酸の原料であるトリゴネンが多く含まれているからだと推測されています。

しかし、コーヒーの飲みすぎは、胃潰瘍などの原因になりますから、なにごとも程々が大切です。

◆緑茶を積極的に取りましょう

緑茶に含まれるカテキンが神経細胞を保護することが動物実験でわかっており、人へもその働きがある可能性があります。

また、緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートを、人工的なアルツハイマー病マウスに投与したところ、アルツハイマー病の原因とされるベータアミロイド蛋白の生成を抑制することを認めたことから、積極的に緑茶を飲むことは認知症の予防につながるといえます

◆フラボノイドを含むワインはOK!
酒と認知機能の低下には諸説ありますが、ほとんどの研究結果は、ビールで350ml、ワインで150mlほどの量であれば、飲酒は認知症を遅らせる効果があるかもしれないと結論付けていますが、決して大量飲酒は勧めていません。

特にフラボノイド多く含むワインを多く摂取している人は認知機能が高いことがしられています。
タバコと比べ、飲酒を肯定する研究結果が多いのですが、やはり飲みすぎには注意が必要です。

さて、あなたは如何ですか。
そうです。禁煙するには、非常な困難を伴います。
しかし、他人に迷惑を及ぼす行為は、極力避けるようにするのが真の大人の取るべきマナーと言えるでしょう。

なんとしてでも、禁煙しましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。