So-net無料ブログ作成
検索選択

必ず知っておきたい高齢者向け脱水予防 [介護]

夏の水分補給は大事だと分かってはいても、高齢者は「食べたがらない」「飲みたがらない」「むせてしまう」などで家族も困難を感じています。
水分ばかりが注目されますが、高齢者は食が細った時点で黄信号。
高齢者向け脱水予防のヒントをお届けします。

7月中旬、管理栄養士の米山久美子さんが、東京都港区の小島祥子さん(88)=仮名=宅を訪れました。
小島さんは立ち上がりが困難で、食事や排泄(はいせつ)に介助が要る。
要介護4の1人暮らしを、近隣に住む息子の誠さん(53)=同=と朝夕の訪問ヘルパーが支えていました。

祥子さんはこの日、デイサービスから帰ると、夕食のオムライスを一さじ一さじ、口に運んでいました。
認知症の祥子さんが自分で食べるのは良い兆候。
それを見て、米山さんは聴診器で飲み込みの音を確認。

「食事、進みますね。ごろごろも聞こえないし」と安堵(あんど)した。
日頃の食事内容や量、進み具合を聞き取って摂取カロリーを計算。体重を確認して、誠さんに「カロリーがやや少ないけれど、体重が横ばいだから安心していいと思います」と声を掛けた。

その上で、カロリーアップに朝の水分摂取時、高カロリードリンクを試すよう提案しました。
「暑くなるので、脱水にならないよう早めに対応したい。
可能なら日中、ヘルパーさんに短時間入ってもらって水分補給ができるといいんですが…」

米山さんが祥子さんのケアマネジャーから「食事をしない利用者さんがいる」と相談を受けたのは3年前の夏。
訪問した米山さんは、食事場所を変えて祥子さんの気分を引き立て、少量でカロリーが取れる栄養ゼリーを導入しました。

少し食が進むと、祥子さんの覚醒状態が良くなり、自分で食べるように。
腎臓病や高血圧もあるため、塩分、タンパク質摂取に気をつけつつ、低栄養にならないよう心掛ける。

米山さんは 「訪問すると、実際の食事や味を見て具体的なアドバイスができます。
触れれば、むくみやかさつきも分かります。
水分と栄養コントロールで入院を回避していきたい」 と話していました。

■食の細さも原因 自然に取る工夫を

脱水は水分の問題と思われがちですが、食が細るのも大きな原因。
食事に含まれる水分は多いからです。
高齢者は慢性的に軽い脱水や低栄養の人が多く、ちょっとしたことが救急搬送につながりかねないのです。

しかし、ペットボトルを置いておけば水を飲むというものではないのです。
栄養・嚥下(えんげ)補助食品のメーカー「ニュートリー」が行った「高齢者の水分補給に関するアンケート」によると、「水分不足が不安」と考える介護専門職は95%に上るが、「難しい」の回答も93%。

理由には、
(1)本人が飲まない(30.1%)
(2)飲ませようとしても拒否する(21.9%)
(3)むせる(17.2%)
                   -でした。

国立国際医療研究センター病院・リハビリテーション科の藤谷順子医長は、
  (1)食事に含まれる水分を軽視しない
  (2)自然に液体を取る工夫-を挙げる。

「夏はそうめんやお茶漬けで済ませる人が多いが、ご飯とおかず、みそ汁の食事に比べると水分もカロリーも少ない。温泉卵を落とすとか、冷ややっこを足すとか、汁物を加えるなどの工夫をしてほしい」

・食事と食事の間には水分摂取を勧めるだけでなく、一緒にお茶の時間を持ったり、
 お茶請けを用意するなど自然に飲める工夫が欲しいものです。
・牛乳、乳酸菌飲料、野菜ジュースなど目先の変化も重要。
・スープやココアならカロリーも取れる。
・市販の経口補水液やゼリー飲料がおいしく飲めるときもあります。

「むせ」が怖いときは、ネクターのようなトロリとした飲料が飲みやすい。
また、ペットボトルのような底の深い容器はあごを上げないと飲めず、むせやすい。
アサガオ型の浅めの湯のみがお勧めです。

脱水で特に注意が必要なのは、
  (1)利尿剤を飲んでいる
  (2)認知症がある
  (3)下剤を飲んでいる
  (4)嚥下障害がある
  (5)糖尿病がある

              -などの人。



成年後見申立・相談 福岡市


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。