So-net無料ブログ作成

終活(エンディングノート)葬儀関係 [終活]

終活=エンディングノートの書き方の内容の一部である葬儀に関することを以下に綴っていきます。





3. 葬儀費用の相場を知り、お金の準備方法を考えておく

「終活」には、エンディングを迎えるまでのお金の準備も含まれます。
中でも、メインイベントになるのがお葬式です。
その費用はどれくらいを見込んでおけばいいのか、
そして、お金で家族に迷惑をかけない準備の仕方をチェックしておきましょう。
葬儀代程度の貯蓄がある人はいいですが、そうでない人は保険を利用するのも手です。

葬儀費用の平均相場はどれくらい?

人が死亡すると、必ずといっていいほど挙げる葬儀。
その費用は、地域や宗教、遺族の気持ち、葬儀の規模など、様々な条件で異なります。
どれくらいかかるのか、目安額を知っておきましょう。

待ったなしのお葬式費用。
全国平均:236万円です。

葬儀費用を保険で作る方法もあります。

葬儀費用で家族に迷惑をかけるのは、なるべく避けたいもの。
葬儀費用をまかなえるくらいの貯蓄残高があればいいですが、生活費などで使ってしまって残せないかも……という人もいるでしょう。
そんな人は保険で準備する方法もアリです。
一例として、葬儀費用を作れる保険はこちら。

葬祭費用あんしんプラン|NP少額短期保険株式会社
     http://np-ins.jp/products/fune_index.html

葬儀保険とは
第1.葬儀にかかる費用—全国平均は約236万円

葬儀には、どのくらいの費用がかかるかご存知ですか?
葬儀が終わって、葬儀会社さんからの請求書を見て、「その金額の大きさに驚いた!」という消費者が非常に多いので、ここで葬儀費用について簡単に説明します。
葬儀には、大きく分けると、次の3つの費用がかかります。

1)葬儀費用一式お葬式を進行していくのに必要な基本的費用です。
祭壇、お棺、骨壷、供花、ドラ イアイス、ホール使用料、葬儀司会者や通夜振舞いでの仲居さん等の人件費、事務用品、火葬料、遺体運搬費などが含まれますが、使用する祭壇やお棺などのグレードによって金額は異なります。
2).飲食接待費用会葬に来ていただいた方へお出しする料理(通夜ぶるまい、精進落とし)や、返礼品の費用です。
もちろん、会葬者の人数によって費用が変わってきます。
3)宗教者への謝礼お葬式をお願いした僧侶、神父・牧師、神官への御礼です。
宗教や宗派などによって、金額が変わってきます。

これらの費用がどれくらいかかるのかといいますと、平成19年に日本消費者協会が行なった
調査では、全国平均で、

① 儀費用一式:142.3万円、
②  飲食接待費用:40.1万円、
③ 院 の費用(お経料、戒名、お布施):54.9万円
となっています。

これが葬儀費用の実情ですが、人が一人お亡くなりになると、この葬儀費用だけでは済みません。病院にかかった費用の清算や、法要(初七日、四十九日)、法的な手続きや遺産相続に必要な手続きの費用、家財の処分や清掃の費用も必要になってきます。

さらに、お仏壇やお墓・墓地を持っていない家では、それらを購入する費用等も必要になってきます。

第2.注目され始めた葬儀保険

葬儀や葬儀以外にも何かと必要となる費用を十分に賄えるだけの財産をお持ちのご家庭は、「いざ」というときでも問題はありません。
しかしながら、少子・高齢化が加速度的に進んできたことから、

ⅰ)葬儀の会葬者が少なくなったことから、香典も減少し、葬儀代を賄えなくなってきた
ⅱ)生前の医療費用や介護費用の負担が増え、葬儀費用まで負担しきれない
ⅲ)喪主である子供も年金生活者となり、将来の自らの生活に不安を抱え、親の葬儀費用などの出費は極力抑えたい
ⅳ)一人っ子同士が結婚した場合、
4人の親を送ることとなり、費用負担はそうそうしていられない

と実感された方、考えている方が増えてきているのです。

そこで、最近、注目されてきているのが、葬儀や葬儀に関連する費用を支払うことを目的とした『葬儀保険』です。この『葬儀保険』を利用されるのは、

ⅰ)自分の最後のことで、子供たちに金銭の心配をさせたくない、と考えるご両親
ⅱ)親をきちんと送るために、無理のない負担で資金準備をしようと考えるお子さんです。

葬儀のことを考える年代になると、『持病があって、一般の生命保険には加入できない』という方々も増えてきます。

また、『葬儀費用の補完』という点に目的が絞られていますから、高額の保障は必要ありません。こういう方々のニーズに応え、葬儀費用の負担軽減に特化した保険が『葬儀保険』なのです。





       遺言 福岡市

相続Q&A [相続]

遺言  福岡市

相続・遺言そしてエンディングノートに関する親子の話し合いに供するために、相続・遺言に関する実務におけるQ&Aを綴って親子の対話をスムースにできるように一種の潤滑油的役目として披露してみます。

Q1)70代の荷両親はまだまだ元気ですが、万一の時のために相続の準備をしておきたいと考えています。 どのような準備をすればあわてずに済みますか?
A1)エンディングノートのようなものを利用して、万一の時に備えるようにしてもらいましょう。財産わけについては、きちんと遺言書に残してもらうことが一番です。

相続時の手続きや相続財産の分配方法が書かれた遺言書があるか否かでは、法定相続人の労力は全く変わってきます。

相続の手続きをスムースに行うためにはまずは遺言書を用意してもらうことが重要です。
また、親が亡くなったことに伴い、執行する資格や名義変更に関わる関連書類も準備してもらうと、よりスムーズに相続手続きをおこなうことができます。

以下、参考までにチェックリストを掲げておきます。

 ●親がやっておくべきこと
  □法定相続人は誰かを調べておく。
  □法定相続分を理解しておく。
  □マイナスの財産、プラスの財産を調べて財産一覧表を作る
  □配偶者や子供にどの財産をどれだけ継がせるのか見当する
  □自筆・厚生・秘密のうち度の遺言書を書くのかを決め遺言書を書く
  □預貯金を1~2の口座にまとめておく
  □預金通帳や生命保険証書を分り易い所に保管する
  □不要な不動産を現金化しておく
  □隣家と境界があいまいな土地の場合は、測量(確定測量)を行っておく
  □不動産を購入し、節税する
  □都市部に引っ越して、小規模宅地等の特例の控除枠を増やす
  □自宅をリフォームし、現金資産を減らす
  □子供が契約者、被保険者が親の生命保険に加入する
  □孫や子供への贈与を行い、現金資産を減らす
  □お墓や仏壇を購入しておく
  □税理士へ相続相談を行う

●子供がやっておくべきこと
  □将来のことに備えて、相続の知識を増やす
  □相続のことについて親と話す機会を設ける
  □遺言書を書いておくことを親に提案する遺言書について保管場所を確認する
  □親の生年月日、本籍地を確認する
  □勤務先の社名、連絡先
  □親戚の名前、連絡先
  □親の死を伝えたい人の名前、連絡先
  □要介護状態になった時の希望
  □終末期医療の希望
  □担当税理士の名前、連絡先
  □加入している生命保険について確認しておく
          (会社名、連絡先、受取人、保険証書の保管場所)
  □借金があるのか確認する
          (借主、金額、残高、返済方法、契約書の所在)
  □レジットカードについて確認する(会社名とカードの保管場所)
  □クレジットカードのローン現状の残高について確認する
  □保証人になっているか否か確認する
           (保証人になっていたら債権者の氏名、連絡先、契約書の所在を確認する)
  □他人に貸している再建について聞く
           (相手の指名、金額、連絡先、契約書の所在)
  □所有不動産の所在地、地番、地図、登記簿上の名義人を確認しておく
  □ネット銀行があるなら、IDとパスワードを聴いておく
  □貸金庫があるなら、銀行名、支店名、開錠方法を聴いておく
  □株式投資をしているなら、証券会社名、支店名、名義人、所有銘柄、株数、ネットトレードの場合はIDと                              パスワードを聴いておく
  □国債、社債、の銘柄名、口数、証券会社名を聴いておく
  □書画骨董があるなら保管場所、金額等を聴いておく
  □ゴルフ会員権があるなら、種類、住所、連絡先を聴いておく

             相続 福岡市


終活(エンディングノート) [終活]

ここからは、相続という状況の前の段階、即ち「終活」についても、触れておきましょう。

相続 福岡市


自分らしいエンディングを!
「終活」を成功させる3ステップ


誰しも自分らしい最期を迎えたいと思うもの。
そのための様々な活動を「終活」と言います。
「終活」の基礎知識、エンディングノートの書き方、オススメのエンディングノート、葬儀費用の相場やその費用を準備する方法……
親御さんや自分の「終活」を考え始めた人に役立つ記事を集めました。


1. そもそも「終活」とは? 基本的な考え方をチェック


「終活」とはもともと、朝日新聞の記事で誕生した造語。
2012年の「ユーキャン新語流行語大賞60語」にノミネートされるほど市民権を得たようです。
でも、まだ「終活」と言われても、ピンとこない人もいるでしょう。
そんな人のための「終活」基礎知識です。

「終活」とは、お金のことも含めて生前に身辺整理すること

「終活」は、自分の葬儀やお墓について考えておいたり、残された人が困らないように財産や相続について計画を立て、身辺整理をしておく活動のこと。
「終活」を通じて、自分自身の人生を振り返り、前向きに生活を送ることができるようになるようです。

2. エンディングノート(終活ノート)を活用しよう

「終活」に欠かせない必須アイテムのエンディングノート。
エンディングノートとは? どうやって書くの? にお答えします。
ネット上でエンディングの準備ができるサービスも始まっています。

▼エンディングノートはこう書く!

エンディングノートは「終活」に欠かせないアイテムです。
書き方がわからない人も多いでしょう。
そんな人には、以下を読めば書けるようになります。
そして、心の準備をしましょう。

「終活」に関する意向をまとめておくエンディングノート(ラストプランノート、終活ノートなどとも呼ぶ)は数多く出版されていて、どれを選んだらいいのやら……。

そこで、独断と偏見でグッドアイテムを紹介します。
基本は値が安くてすぐに書けること及び構えずに書けること、何度でも書き直しができることを基本にしています。

また、ネットで生前準備や葬儀手配ができるサービスもあります。

ネットの普及でリアルだけでなく、ネット上でも自分らしいエンディングを迎えたい人が増えているようです。
そんな人たちのために、ヤフーがエンディングサービスを始めました。


3. 葬儀費用の相場を知り、お金の準備方法を考えておく

「終活」には、エンディングを迎えるまでのお金の準備も含まれます。
とりわけ、メインイベントになるのがお葬式です。

その費用はどれくらいを見込んでおけばいいのか、
そして、お金で家族に迷惑をかけない準備の仕方をチェックしておきましょう。
葬儀代程度の貯蓄がある人はいいですが、そうでない人は保険を利用するのも手です。

葬儀費用の平均相場はどれくらい?

人が死亡すると、必ずといっていいほど挙げる葬儀。
その費用は、地域や宗教、遺族の気持ち、葬儀の規模など、様々な条件で異なります。
どれくらいかかるのか、目安額を知っておきましょう。

待ったなしのお葬式費用。全国平均: 236万円です。




葬儀費用を保険で作る方法もあります。

葬儀費用で家族に迷惑をかけるのは、なるべく避けたいもの。
葬儀費用をまかなえるくらいの貯蓄残高があればいいですが、生活費などで使ってしまって残せないかも……という人もいるでしょう。

そんな人は保険で準備する方法も。
一例として、葬儀費用を作れる保険はこちら。

葬祭費用あんしんプラン|NP少額短期保険株式会社

     http://np-ins.jp/products/fune_index.html

葬儀保険とは
第1.葬儀にかかる費用—全国平均は約231万円

葬儀には、どのくらいの費用がかかるかご存知ですか?
葬儀が終わって、葬儀会社さんからの請求書を見て、「その金額の大きさに驚いた!」という消費者が非常に多いので、ここで葬儀費用について簡単に説明します。
葬儀には、大きく分けると、次の3つの費用がかかります。

1)葬儀費用一式お葬式を進行していくのに必要な基本的費用です。
祭壇、お棺、骨壷、供花、ドラ イアイス、ホール使用料、葬儀司会者や通夜振舞いでの仲居さん等の人件費、事務用品、火葬料、遺体運搬費などが含まれますが、使用する祭壇やお棺などのグレードによって金額は異なります。

2).飲食接待費用会葬に来ていただいた方へお出しする料理(通夜ぶるまい、精進落とし)や、返礼品の費用です。
もちろん、会葬者の人数によって費用が変わってきます。

3)宗教者への謝礼お葬式をお願いした僧侶、神父・牧師、神官への御礼です。
宗教や宗派などによって、金額が変わってきます。

これらの費用がどれくらいかかるのかといいますと、平成19年に日本消費者協会が行なった
調査では、全国平均で、

①葬儀費用一式:142.3万円、

②飲食接待費用:40.1万円、

③寺院の費用(お経料、戒名、お布施):54.9万円となっています。

これが葬儀費用の実情ですが、人が一人お亡くなりになると、この葬儀費用だけでは済みません。
病院にかかった費用の清算や、法要(初七日、四十九日)、法的な手続きや遺産相続に必要な手続きの費用、家財の処分や清掃の費用も必要になってきます。
さらに、お仏壇やお墓・墓地を持っていない家では、それらを購入する費用なども必要になってきます。

第2.注目され始めた葬儀保険

葬儀や葬儀以外にも何かと必要となる費用を十分に賄えるだけの財産をお持ちのご家庭は、「いざ」という時でも問題はありません。
しかしながら、少子・高齢化が加速度的に進んできたことから、

ⅰ)葬儀の会葬者が少なくなったことから、香典も減少し、葬儀代を賄えなくなってきた
ⅱ)生前の医療費用や介護費用の負担が増え、葬儀費用まで負担しきれない
ⅲ)喪主である子供も年金生活者となり、将来の自らの生活に不安を抱え、親の葬儀費用などの出費は
極力抑えたい
ⅳ)一人っ子同士が結婚した場合、
       4人の親を送ることとなり、費用負担はそうそうしていられない

と実感された方、考えている方が増えてきているのです。

そこで、最近、注目されてきているのが、葬儀や葬儀に関連する費用を支払うことを目的とした
『葬儀保険』です。
この『葬儀保険』を利用されるのは、

   ⅰ)自分の最後のことで、子供たちに金銭の心配をさせたくない、と考えるご両親
   ⅱ)親をきちんと送るために、無理のない負担で資金準備をしようと考えるお子さんです。

葬儀のことを考える年代になると、『持病があって、一般の生命保険には加入できない』という方々も
増えてきます。
また、『葬儀費用の補完』という点に目的が絞られていますから、高額の保障は必要ありません。
こういう方々のニーズに応え、葬儀費用の負担軽減に特化した保険が『葬儀保険』なのです。






エンディングノートの正しい選び方・書き方


エンディングノートを知っている人は、65%。
今後書いてみたいという人は47%。
しかしエンディングノートを実際に書いている人は、6%にすぎない
のだそうです。

つまりエンディングノートの最大の難関はなかなか書き始めることができないこと、
言い換えるなら最大のポイントは「書くこと」なのです。

さて
まず、エンディングノートとは何か?
ということから。

エンディングノートを直訳すると
「最期の覚え書き」。

自分の人生の記録や、残された人に伝えたい情報を
書き記した冊子のことですね。


(セレモニーホール:葬儀場を表す和製英語)と一緒で、
いわゆる忌み言葉や使いたくない言葉の言い換えみたいなものだと思います

直接的な表現を避けた商品名のせいで敷居が低くなって、
エンディングノートを残す人が増えてくるのなら
この「エンディングノート」という言葉も悪くないと思います。


さて次に、
遺言書とエンディングノートの違い
についてです。

どちらも残された人に対しての伝達事項が記載されているという共通点がありますが、
遺言書は(財産分与など)法的効力を持つが
エンディングノートは法的効力を持たない。
その代わりエンディングノートは安価で気軽に自由に作成することができる。

ということが言えると思います。
遺言書・エンディングノートを残すメリット
としては以下の3つ。

1.自分に万一のことがあったときも、家族が困らない。

ご本人が亡くなって、
「あれは、どこ?」「これはどうしたら?」「お葬式はどんなふうにしたら」
とご家族がお困りになっているケースが多いです。
エンディングノートを残しておくことで、
ご家族がお困りになる可能性を低くすることができます。


2.日常生活の備忘録としても使える

お年を召されたせいで物忘れを起こすことがあっても
住所録や連絡先などの情報を1箇所にまとめたノートがあると
日常生活でも便利です。
その役目もエンディングノートは果たします。


3.家族に対する自分の愛情を伝えることができる

1で述べたような、家族が困らないために、という気持ち(つまり愛情ですよね)を
家族に伝えることができます。
また生前ちょっと照れくさくて言えないようなメッセージを
エンディングノートに残しておくことで
家族の悲しみを癒(いや)し
グリーフワークに役立つこともあります。


2012年に行われた読売新聞の世論調査でも

「自分の葬式についての希望は、家族などに口頭で伝えたり、
文書で残したりしておくべきだ」と思いますか、そうは思いませんか。
答え 1.そう思う 67%   2.そうは思わない 32%

という回答結果になっており、
エンディングノートに対する意識は高まっていると思います。
エンディングノート
さていよいよ、
エンディングノートの正しい選び方です。

結論から申し上げますと
「エンディングノートの内容はどれもほとんど同じなので
できるだけ安いものを買いましょう」
です。

エンディングノートの構成・項目は
大体以下の通りです。

・自分について
(生年月日・家系図・学歴など)
・親族や関係者の情報
(関係について・住所・電話番号・葬儀告知の有無)
・介護・治療について
(告知はしてもらいたいか・終末治療の希望・臓器提供や献体)
・資産について
(銀行の口座・カード・その他金融資産)
・葬式とお墓について
(何人くらい呼ぶか・宗派・どこでおこなうか・予算・喪主は誰・など)
・遺言的な内容(注:エンディングノートに書いても法的効力はない)
(相続や土地の相続について)
・残された人へのメッセージ
・PCやネット上の情報について
(メール・SNSなどのアカウント・PCデータの処分方法)

といったところでしょうか。

今、手元に
「遺言ノート―死ぬ前にどうしても残しておきたい大切なこと」 井上 治代

という1996年に出版されたエンディングノートがあります。
おそらくエンディングノートのはしりだと思いますが、
この段階でエンディングノートに必要な項目は既にほとんど網羅(もうら)されています。

この後続々と出たエンディングノートは基本項目に関してほとんど同じです。
強いて違いを申し上げれば

  ・レイアウトをいじる
  ・装丁を豪華にする
  ・エンディングノート本体と、書き方に関する解説本を分ける
 という価格をつり上げるための付加価値があるかないかの違いだけです。

因みに先ほど紹介した「遺言ノート」の特徴を強いて挙げるなら、
「遺(のこ)された遺族へのメッセージ」に重点を置いている点です。

これが最近になるにつれて、発売されるエンディングノートの内容が
「身辺整理の為の備忘録」にシフトしています。
無縁社会化を象徴しているのかもしれません。

さてエンディングノートの内容にあまり違いがないとすると
購入するときのポイントは「安い」ことだと思います。

内容が内容だけに
自分の人生の集大成、と構えてしまって
なかなかきっかけがないと書き始めることができない人も多いでしょう。
(上記で申し上げた調査結果、実際に書いたことのある人は6%という数値を思い出してください。)

だから気軽に書き始められて後日気軽に訂正を書き込めることが重要。
なんなら更新を繰り返してさらに将来において
また新しく買い換える必要が出てくるかも知れません。

であるならば革張りの装丁などではなく、気軽に使えるエンディングノートである必要があります。
ということで「安い」に越したことはないと思います。

では安いエンディングノートの探し方です。
ネットの書籍販売サイトアマゾンで「エンディングノート」という単語で
検索してみてください。

あとは「価格の安い順」に並び替えてみて下さい。
現在(2014年8月)安いのはこちらでしょうか。

(追記:2014年7月 最近アマゾンを中心にコクヨのエンディングノートの新品価格が半額前後になっています。
送料を入れたとしても、おすすめです。)

楽天での商品一覧

1) エンディングノートの書き方 初めてのエンディングノート (星湖舎ブックレット)[本/雑誌] (単...

2)【楽天ブックスならいつでも送料無料】エンディングノートの書き方 [ 星湖舎 ]

3)エンディングノート

4)【メール便なら送料120円(税込)】コクヨ<KOKUYO> もしもの時に役立つノート(エンディングノ...

アマゾン・楽天市場での注文の経験のない方(お年を召した方はほとんどそうかもしれません)は、大きめの本屋さんで一番安いのをお選びください。

更にエンディングノートを無料で手に入れることができる裏技があります。

最近大手の葬儀社では事前相談や葬儀セミナーに来たお客様に、
自社のエンディングノートを無料で配布するところが増えてきているようです。

「葬儀社  エンディングノート  ○○(自分の住所)」で検索してみてください。
近くにエンディングノートを配っている葬儀社があれば、もらいに行きましょう。

実際何社かの、エンディングノートを入手してみました。
(作りは安っぽいのですが)項目は必要十分でした。
ついでにお葬式について情報を集めたい方には
一石二鳥かもしれません。

購入したら下書きのつもりでとりあえず書き始めてしまいましょう。
構えないで、とりあえず、っていう気持ちが大切。

知人の連絡先を調べなきゃっていう場合も後回しで、
埋められるところを先に埋めちゃいましょう。

ある程度埋めたら、定期的に見直して足りない情報をたしていけばOKです。

誕生日が、書きこむ良いタイミングだと思います。
宿題や仕事などの場合、締め切りが設定されていると、締め切り直前にモチベーションが高まってやれる事が多いと思います。

しかし、ことエンディングノートに関しては、切羽詰まった状況(死を意識した状況)で書こうとすると、
個人差はあるものの、なかなか精神的に辛いものがあると思います。

あえてなんの心配もないときに、お書きになるのが良いと思いますが、
それだといつまでたっても書けないという方も多いと思います。

ならば誕生日にお書きになるというのはいかがでしょうか。

相手の理解がある場合は、
誕生日の贈り物としてエンディングノートを選んでも良いかもしれません。

以上がエンディングノートの正しい選び方と書き方です。


遺言  福岡市

これだけは知っておきたい相続・遺言の解説(3) [相続・遺言]

遺産相続に関するQ&A


「遺産」「相続」TVではよく耳にする言葉です。

しかし実際に自分の身に起こるとなると、遺産や相続が一体どのようなものなのか、
よく解らない方も多いのではないでしょうか。


まずは法律用語などを解りやすく解説しながら、
遺産、相続の基礎知識及びトラブル解決法のアドバイスを行いたいと思います。
中には非常に専門的な知識も出てきますので、
少しずつ学びながら理解していきましょう。



今すぐに解決したい問題を抱えていらっしゃる方、
直接専門家のアドバイスが必要な方は下記よりお問い合わせください。

相続・遺言  福岡市

電話  092-751-1018




相続・遺言に関するQ&A


『遺言』という言葉は縁起の悪いものとして捉えられがちですが、
決してそんな事はありません。



現代では若いうちから自分の身にもしものことがあった時の行動を、
家族や周りの人間に教えるために遺言という形で意思を残している方はたくさんいます。
みなさん後ろ向きな気持ちではなくて、逆に前向きな形でこれを捉えているのです。



それはあなたの大切な家族を守るもの。
遺言の大切さを知ってくださると嬉しい限りです。



また、遺言書の方式や効力もご紹介しています。
せっかく残した遺言も、形式などの問題から効力を失ってしまうことがあるのです。



あなたも是非、家族や周りの人間のために遺言書を作成しておきましょう!



今すぐに遺言書の作成が必要な方、
専門家の知識が必要な方は下記の連絡先から直接お問い合わせください。

電話  092-751-1018


◆遺産相続に関するよくあるQ&A



相続の問題は多種多様で、家庭の環境や状況によって異なります。



その中でもよく起こりうるケース、よくいただくご質問をご紹介いたします。



ここでご紹介できるのはごく一部の症例です。
ご事情に沿った詳しい解決方法は一人一人異なりますので、
是非専門家にご相談されることをお勧めいたします。



現在既に遺産相続のことでお困りの方、
すぐに詳しい解決方法をお求めの方は下記の電話よりお問い合わせください。

    電話   092-751-1018

葬式費用

Q1:父が先日他界しました。
葬式の費用は誰の負担になりますか?
父に遺産はほとんどありません。
:亡くなった方の財産で支払いますが、足りない分は遺族の負担となります。

葬式費用は相続税の控除の対象となりますが、誰が負担すべきかという事を定めた法律はありませんし、習慣も様々です。
そのため葬式費用負担者については意見がわかれており、葬儀主宰者が負担すべきという意見もあれば、相続人が負担すべきという意見や、習慣に従うべき、などたくさんの意見があります。
できれば関係者での話し合いで解決するのが望ましいですが、残念ながらトラブルになるケースも少なくありません。

法的には費用を支払った人が、他の人に対し求償したり、遺産分割の際にどのように扱われるのかが問題となります。
まず、財産や香典や葬祭料を葬式費用にあて、それでもなお不足する分については費用負担者を決めなければなりません。

負担の範囲や程度は、習慣、死者の希望や死者との関係など、さまざまな事情を考慮して判断することになるでしょう。
基準としては不明確ともいえますが、一概に誰が支払わなければならないと割り切るよりもトラブルは少ないといえます。

葬式費用の範囲ですが、次のような判例があります。

「葬式費用とは、死者をとむらうのに直接必要な儀式費用をいうものと解するのが相当であるから、これには、棺柩その他葬具・葬式場設営・読経・火葬の費用、人夫の給料、墓地の代価、墓標の費用等が含まれるのみであって、法要等の法事、石碑建立等の費用は、これに含まれない~。~寿司、料理、酒、ジユース、菓子等の各飲食代金及び~四九日法要、納骨代、葬儀後見舞客食費~葬式費用には含まれない。」

この判例を基準に葬式費用を算定していきます。
通夜や告別式の費用、香典返しや埋葬料、などは葬式費用と考えてよいでしょう。
しかし、墓地の代価は葬式費用に含まれないとした判例もあれば、墓石の設置費用を葬式費用に含めた判例もあるため、この辺りの費用は一概にどちらとは言い切れません。

離婚した場合

Q2:私には離婚経験があります。
現在は再婚し、子もおります。
もし私が死んだ場合、別れた配偶者やその子に相続分は発生しますか?

:別れた配偶者に相続分はありませんが、その配偶者との子には相続分があります。



離婚の効果として姻族関係の終了(民法728条1項)があげられます。
さらに姻族関係が終了すると扶養の権利や義務が消滅します。(民法877条)
ですが、たとえ夫婦が離婚しても法律上、親子関係には影響をあたえません。



つまり子の親権者がどちらであろうと、どちらが扶養していようと、両親のどちらかが死亡した場合には子供に相続分が発生することになります。
その相続分は離婚によって影響を与えることはありませんので、あなたが亡くなった場合は2分の1が現在の配偶者、残りの2分の1を2人のお子様で分けることになるでしょう。



現在の配偶者と子に多く残したいのであれば遺言にて相続分の指定を行うといった方法がありますが、遺留分を侵害することはできません。
しかし、もし前の配偶者との子に激しい虐待を受けていた、暴力を受けた、などの特段の事情がある場合は相続欠格、廃除の対象となる可能性があります。



一方、離婚に伴って、元の配偶者には相続権はなくなります。
たとえ子供を扶養していても、元配偶者はその財産を相続することはできません。

保険金の扱い

Q3 :先日妻が亡くなりました。
死んだ妻には前夫がおり、その前夫との間には子供が1人います。
妻の死後、その前夫が現れ死亡保険金の支払いを要求されました。
私は求めに応じなければならないのでしょうか?

:まずは受取人を確認しましょう。
保険金の受取人があなたでしたら、保険金は相続財産に含まれません。
しかし、もし受取人が亡くなった奥様本人であった場合その保険金は相続財産をなります。
前夫には相続分がありませんが、お子様には相続分があります。
あなたと亡くなった奥様との間にお子様がいらっしゃらない場合、前夫とのお子様と2分の1づつ分ける形になります。

また保険金は特別受益にあたるか、という問題があります。
特別受益とは被相続人(死んだ人)が生前に、相続人に対し、物やお金を贈与した場合に、その分を相続財産から差し引く、という制度です。
例えば、2000万円の財産を相続人3人(Aさん,Bさん,Cさんとします)で分けるとしましょう。
この中の一人(Aさんとします)がもし生前に1000万円の現金すでに受け取っていた場合、均等に分けるのはなんだか不公平ですよね。
ですのでその贈与された1000万円を相続財産に加え、分配することとなります。
贈与された金額を加えると計3000万円ですので、相続分は一人1000万円です。
Aさんはすでに1000万円貰っていますので、手元にある残りの2000万円はBさんとCさんが1000万円ずつになる、というわけですね。

この特別受益に、保険金は含まれるのでしょうか。
含まれるのであれば、この保険金も相続財産に加え相続分が決まるということになります。

この点を判例は「原則として特別受益にはあたらない。」としています。(最判平成16年10月29日)

ただし、例外的に特別受益にあたるケースの判例も出ています。
その大きな要素は遺産と保険金のバランスにあります。


特別受益には含まれない、とした場合は遺産が約6963万円だったのに対し保険金は約428万円でした。
一方、特別受益に含まれる、とした場合は遺産が約1億円で保険金も約1億円でした。



つまり、保険金と遺産の割合が不釣合いな場合、例外的に特別受益にあたるということです。



ご質問いただきました様なケースでしたら、受取人の確認と保険金の額をまず確認してみることをおすすめいたします。

生前の契約

Q4:父は死ぬ前に、土地を売る契約を進めていたようです。
父の死後、買主を称する人が現れ、土地の登記と引渡しを要求されました。
私はこの求めに応じなければならないでしょうか?



A:契約が成立しているのであれば、応じなければなりません。



民法896条は「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。但し、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。」としています。



つまり「契約上の地位」も相続すると考えられます。
お父様は生前行った契約により、買主に対し登記及び土地を引き渡す義務がありました。
その契約を履行しないまま亡くなったのであれば、その義務が相続されますし、反面権利も行使しないまま亡くなった場合はその権利も相続されます。
例えばお父様が逆に買主であった場合、売主に対して引渡しを求めることが可能というわけです。



また、売買契約以外ではどうなるのでしょうか。
贈与契約や賃貸借契約であれば売買契約とほぼ同じで、その権利義務も相続されます。
一方、労務やその人にしかできないこと(例えば似顔絵を書いて貰う)などは債務者の死亡によって終了し、相続の対象とはなりません。



:ご質問の件ですが、以上の理由から契約が成立している場合は求めに応じる必要があるといえます。
相手方との契約が本当に存在するのかを確かめるため、契約書などを確認させて貰いましょう。

外国人の場合

Q5:私の父は外国人なのですが、先日日本で死亡しました。
相続はどのようにして行えばよいのでしょうか?
日本の法律に基づいて手続きしても大丈夫ですか?



A:あなたのお父様の相続については、亡くなったお父様の国の法律により手続きを行う必要があります。
相続人の関係でも、お父様の本国法に従います。



法適用通則36条は「相続は、被相続人の本国法による。」としています。



しかし、同法41条は「当事者の本国法によるべき場合において、その国の法に従えば日本法によるべきときは、日本法による。」ともあります。
これは被相続人の本国法に、その国の法(この場合ですと日本の法律)に従ってくださいというものがあった場合は日本の法律に従って手続きをおこなえるということです。



さらに、42条で「外国法によるべき場合において、その規定の適用が公の秩序又は善良の風俗に反するときは、これを適用しない。」とあります。
発展途上国でまだ法整備が進んでいない国や内容があまりにもひどい場合は、日本の法律を使う、ということですね。



つまり必ずしも被相続人の本国法に従うわけではない、というわけです。



また管轄裁判所ですが、当事者の住所のある国の裁判所が、その相続事件を扱うことやその国の裁判手続法で裁判をすることが国際的に認められています。
したがって、遺産分割については、家庭裁判所で行われることになります。



まずはお父様の本国法を確認してみると良いでしょう。

相続人不在の場合の内縁の妻

Q6:私達は婚姻関係のない事実婚でしたが、先頃内縁の夫が急死しました。
夫には身内が私しかおらず、相続人もおりません。
この場合夫の遺産はどうなりますか?



A:通常、被相続人に相続人が一人もいなかった場合、遺産は国に属します。
しかし民法では、生活を共にしていた内縁の妻、事実上の養子、被相続人の養生看護に尽くした人などは“特別縁故者”として被相続人の財産を受け取ることができる、としています。



特別縁故者に当たるには以下の要件を満たす必要があります。
① 相続人不存在であること。
② 特別縁故者から請求の申し立てをしなければならない。
③ 家庭裁判所が特別縁故者かどうか判断する。



そして特別縁故者が財産を受け取るには、まず債権者や受遺者といった利害関係人などの申し立てにより家庭裁判所が相続財産管理人を選任し、相続人検索を兼ねた2回の公告をします。
相続人が現れなければ、債権者や受遺者への支払いが行われ、3回目の公告でも相続人が現れなければ、相続人の不在が確定します。
特別縁故者は、その後3ヵ月以内に家庭裁判所に申し立てを行い、認められれば財産を受け取る事ができます。



逆にいってしまえば、もし一人でも相続人が名乗り出た場合は特別縁故者に当たらず、遺産を受け取ることはできません。
そのような場合、不当利得返還請求を行い、財産分与を請求するという方法も考えられます。

健康保険証等の取扱い
健康保険証は、被保険者や被扶養者が亡くなったときにはすみやかに返却・変更の手続きをします。
国民健康保険の場合は葬祭費、健康保険の場合は埋葬料が支給されますので手続きを忘れないように! 業務上や通勤災害で亡くなった場合は労災からの支給になります。

  1.国民健康保険被保険者の場合       → 葬祭費の申請をする
  2.健康保険被保険者(本人)の場合      → 埋葬料(埋葬費)の請求をする
  3.健康保険被扶養者(家族)の場合      → 家族埋葬料の請求をする
  4.業務上または通勤災害で亡くなった場合 → 葬祭料の請求をする

 言葉や表現の違いはありますが、「葬儀を行った人(喪主)に支払われるお金」という位置づけになります。
 それぞれの手続き方法を整理してお伝えします。





▼国民健康保険被保険者の場合


自営業者などが加入する国民健康保険からは葬祭費が支給されます。

 国民健康保険(以下「国保」)の被保険者が亡くなった場合には、葬祭費が支給されます。
 支給額は自治体によって異なり、おおよそ1万円~7万円ほどになります。

【申請のしかた】
  ●申請書    「国民健康保険葬祭費支給申請書」(申請先にあります)。
  ●申請人    葬儀を行った人(喪主)
  ●申請先    被保険者の住所がある市区役所・町村役場
  ●必要なもの 国民健康保険証
           死亡診断書
           葬儀費用の領収書
          領収書がない場合は、葬儀社の電話番号、案内状、挨拶状など、喪主が確認できる書類。
           印鑑(喪主)
           口座振替依頼書(喪主名義)
           受取人名義の預金通帳

           ※必要書類は申請先によって異なります。

▼健康保険の埋葬料を申請する(本人の場合)

 健康保険の埋葬料を申請する(本人の場合)
       サラリーマン等が加入している健康保険から支給される埋葬料の額は一律5万円。
       組合によっては附加金として別に支給されることもあります。
 
       被保険者が死亡したときは、その被保険者によって生計を維持していた人に埋葬料が支給され
       ます。
       つまり、会社勤めの夫が死亡したときには奥様に埋葬料が支給されるということです
        (もちろん他にもいろいろなケースがありますが)。

       埋葬料の支給額については以前は被保険者の報酬額によって決められていていましたが、   
        2006年度の医療制度改革によって一律5万円に引き下げられています。
        但し組合によっては埋葬附加金として埋葬料とは別に数万円別途支給されることもあります。

【請求のしかた】
   ●請求用紙   「健康保険埋葬料」請求書(請求先にあります)。
   ●請求人        遺族又は葬儀を行った人。
   ●請求先     被保険者の兼務先を管轄する社会保険事務所または勤務先の健康保険組合。
              (勤務先で手続きをしてくれることもあります)
   ●必要なもの
             健康保険証
             死亡を証明する事業所の書類。
             葬儀費用領収書
             領収書がな場合は、葬儀社の電話番号。案内状、礼状等。
             印鑑

   ●請求期限
             死亡した日から2年。


被保険者(本人)に身寄りがない場合
            身寄りがない被保険者が死亡するケースもあります。
            その場合は実際に葬儀を行った人に埋葬料の範囲内で、
            実際にかかった葬儀費用の実費が支給されます。
            この場合は「埋葬費」といって「埋葬料」とは区別された言葉を使用しています。


健康保険の埋葬料を申請する(家族の場合)

            健康保険の場合、被保険者によって扶養されている家族が亡くなった場合にも、
            家族埋葬料が支給されます。

            被保険者の家族、つまり被扶養者が死亡したときは、被保険者に家族埋葬料が支給され
            ます。
            被扶養者の埋葬料の支給は一律5万円となります。

   【請求のしかた】
     ●請求用紙      「健康保険埋葬料」請求書(請求先にあります)。

     ●請求人        被保険者。

     ●請求先        被保険者の勤務先を管轄する社会保険所又は勤務先の健康保険組合。
                 (勤務先で手続きをしてもらえることもあります)

     ●必要なもの     健康保険証

                  死亡を証明する事業所の書類。

                  葬儀費用領収書

                  領収書がな場合は、葬儀社の電話番号。案内状、礼状等。
                  
                  印鑑

                  ※被保険者が死亡した場合、被扶養者以外の人が請求する場合
                     (生計を同じくしている人)は住民票が必要


    ●請求期限        死亡日から2年

業務上又は通勤災害で亡くなった場合


業務上または通勤災害で死亡した場合に支給されるのは葬祭料となります。

    葬儀を行った人(団体)に支払われます。
    業務上または通勤災害で死亡した場合は、健康保険から埋葬料が支給されるのではなく、
    労災保険から「葬祭料(通勤災害の場合は葬祭給付)」が支給されます。
    葬祭料の支給対象となるのは、必ずしも遺族とは限りません。
    業務の途中で亡くなった場合は社葬として葬儀を行う場合もあるからです。
    その場合の葬祭料は遺族ではなく会社に対して支給されることになります。

     葬祭料は315000円に給付基礎額の30日分を加えた額になります。
     この額が給付基礎日額の60日分に満たない場合は、給付基礎日額の60日分となります。

【請求のしかた】
    ●請求用紙   「葬祭料請求書」または「葬祭料給付請求書」(請求先にあります)。
    ●請求人     葬儀を行った人
    ●請求先     勤務先を所轄する労働基準監督署
    ●必要なもの
              1)死亡診断書(死体検案書)
              2)戸籍謄本(除籍の記載があるもの)
              3)印鑑
    ●期限       葬儀を行ってから2年以内


    労災ではそのほかに遺族補償給付(遺族補償年金、遺族補償一時金など)の制度があります。
   

    該当する場合はすみやかに勤務先に確認しておきましょう。


これだけは知っておきたい相続・遺言の解説(2) [相続・遺言]

                               遺言  福岡市

死亡直後の手続き

       死亡直後から相続前までの一連の手続きをまとめました。


ア)市区町村役所で行う手続き

死亡届から市区町村役所で行なう一連の手続きは下記の通りです。

1.死亡届(7日以内) 
      医師からもらう死亡診断書の左側(死亡届)に必要事項を記入します。

2.死体火葬(埋葬)許可申請書(7日以内)
      死亡届と同時に火葬許可申請書を提出し、火葬許可書の交付を受けます。
      火葬場にこの許可書を提出し、火葬後に証印をもらうと自動的に埋葬許可書になります。
      これを、納骨のときに墓地等に提出します。

3.世帯主変更届(14日以内)
      世帯主が亡くなった場合に、その世帯に15歳以上の人が2人以上存在する場合は、
       誰が世帯主になるかを届け出る必要があります。
      
       従って、1人の世帯や母親と子供(15歳未満)の世帯になった時は、提出不要です。

4.児童扶養手当認定請求(期限なし)
       母子家庭などになり18歳未満の子がいる場合に、一定の所得に満たないなどの要件に
        該当するときは、児童扶養手当が支給されます。

5.復氏届(期限なし)
       配偶者が死亡したことにより、旧姓に戻したいときに提出します。
       すると婚姻前の戸籍に戻ります(戻りたくないときは分籍届を提出)。
       子の戸籍(姓)はそのままになるため、子供と同一の戸籍にするには家庭裁判所で
       子の氏の変更後、入籍する手続きが必要になります。

6.姻族関係終了届(期限なし)
        死亡配偶者の血族との縁を切りたい場合に提出します。

7.改葬許可申請書
       埋葬されている遺骨を別の墓地に移すときに申請します。
       新しい墓地の管理者だけでなく、現在の墓地の管理者・使用権者の承諾なども必要になります。

(イ)健康保険の手続き及び窓口は下記の通りです。

1.保険証の返却・資格喪失届
    国民(後期高齢者)健康保険証(14日以内)
     健康保険組合・協会健保(速やかに)

2.葬祭費・埋葬費の請求(2年以内)
     手続きをすれば葬祭費・埋葬料がもらえます!

3.高額医療費の請求(2年以内)
     医療費の自己負担が高額になり、一定額を超えた場合には、その超えた部分の金額の
     還付を受けられます。

<窓口>
国民健康(後期高齢者医療)保険……市区町村役所
健康保険組合・協会けんぽ……………勤務先、健康保険組合、協会けんぽ

(ウ)年金の手続き 
  年金と税金関係の手続きを確認
  公的年金受給者が亡くなった場合には、速やかに「年金受給権者死亡届」を提出しなければいけませ    ん。

   その際、生計を一(同居)にしていた遺族は未支給年金(存命なら受取っていた年金)を取得できます。   亡くなった後は年金を受け取ることはできませんが、同居の遺族については特別に受け取れる制度。
   因みにこの未支給年金は、相続財産ではありません。

   なお、未支給年金をもらう人は14日以内(厚生年金は10日以内)に手続きが必要です。
 年金受給権者死亡届
 未支給年金の請求
<窓口>
    国民年金……市区町村役所、年金事務所
   厚生年金……年金事務所(厚生年金基金の退職年金受給者は基金でも手続き必要)

(エ)今後の年金
   1.老齢基礎年金受給者が亡くなった場合
    ・遺族基礎年金

   2.国民年金被保険者(第1号被保険者)が国民年金を受給する前に亡くなった場合(以下のうち1つ)
    ・遺族基礎年金
    ・寡婦年金
    ・死亡一時金

 3.厚生年金被保険者(第2号被保険者)が亡くなった場合(以下、該当するものすべて)
    ・遺族厚生年金
    ・遺族基礎年金
    ・中高齢寡婦加算・経過的寡婦加算

 4.厚生年金被保険者の配偶者(第3号被保険者)が亡くなった場合
    なし


(オ)税金関係の手続き及び窓口は下記の通りです。

 1.医療費控除
    支払った医療費が10万円(※)を超える場合には医療費控除が受けられます。
     但し、死亡日を境に取り扱いが違いますので注意してください。
    (※)総所得金額が200万円未満の人は総所得金額の5%


  死亡日までに支払った医療費………亡くなった人の準確定申告又は同居親族の確定申告(有利な方                           (税率が高い方)を選択可)
   死亡日の翌日以後に支払った医療費……同居親族の確定申告

 2.準確定申告(4ヵ月以内)
    1月1日から死亡の日までの所得を申告します(所得税)。
    但し、給与や年金だけの人は源泉徴収されていますので、申告義務はありません。
    源泉徴収で払い過ぎなら、申告をすると還付になります(5年以内)。

 3.相続税(10ヵ月以内)
    遺産が相続税の基礎控除額(※)を超える場合に申告が必要になります。
     従って、基礎控除以下なら申告不要です。
  (※)5000万円+1000万円×法定相続人の数(例:法定相続人3人なら8000万円)

   <窓口>
     亡くなった人の住所地を所轄する税務署

(カ)会社関係の手続きは下記の通りです。

  1.会社を経営又は勤めていた場合には、下記の手続きが必要です。
      ・死亡退職届・身分証明書の返却
      ・役員の変更登記(2週間以内)
      ・最終給与の受取り
      ・死亡退職金の受取り

 2.仕事が原因で亡くなった場合
     仕事が原因でなくなった場合には、遺族補償年金又は遺族補償一時金が支給されます。
      窓口は、勤務していた事業所を管轄する労働基準監督署です。


悲しい気持ちと葬儀のバタバタであっという間に時間が過ぎてしまいます。
しかし、期限には遅れないよう粛々と手続きを進めましょう。

 家族の形態が多様化し、今や“おひとりさま”や子供がいない夫婦は珍しくないのです。
これらの世帯は、自分がこの世を去った後、資産を誰にどう残せばよいのか。

「子供がいないから残す相手はいない」――。そう思っていたら大間違いです。
意外なところに相続人がいることもあります。
子供がいない夫婦にスポットを当て、トラブルを最小限に抑えるための相続対策を
探ってみました。



 お一人様や子なし夫婦も、自らの老後や相続を考えておきましょう

 夫亡き後、自分が資産全部を相続できると思っていた妻に、衝撃の事実。
 会ったこともない夫の姪(めい)も法定相続人だった──。
 子なし夫婦の相続では、よくあるケースです。
 「子供のいない人も、自分の相続人が誰かを確認しておくことは必須」と税理士さんは語ります。


 子なし夫婦と「おひとりさま」は、老後や相続をどうすべきか。
 税理士の内藤さんと、相続や遺言に詳しい三菱UFJ信託銀行の灰谷健司さんの助言を基に、
 日経マネー編集部がまとめたのが下記の老後と相続のための「6カ条」です。


 相続人の確認と資産の洗い出しを行った上で、資産をどう使うか、残すかを、50歳前後に一度考えておき
  ましょう。

  また子供がいないからこそ遺言を書き、遺言を実行する人についても検討しておきたいものです。

  お一人様と子なし夫婦、老後と相続のための6ヶ条

  1条 誰が相続人になるのかを確認する。

  2条 資産を洗い出してリストを作る。

  3条 遺したい人がいないなら、老後資金をかくほする。

  4条 子なし夫婦は離婚するケースに備えて資産はなるべく等分に以って分別管理する。

  5条 遺言を書き、書いたことを親しい人に伝えておく

  6条 お一人様は葬儀や遺言を実行する人を頼んでおこう。



相続・遺言についての詳細は こちら







これだけは知っておきたい相続・遺言の解説(1) [相続・遺言]

身近な人が亡くなってしまった・・・
誰でも一度は経験しなくてはならないことでしょう。

とても辛く悲しいことです。
とくにお身内の死に直面するのはなによりも辛く、
なかなか受け入れられないかと思います。


ですが、悲しんでばかりはいられません。
葬儀の準備、他の親族への通知や連絡、保険会社への報告、届出、相続や信託の問題・・・
やらなければならない事が山のようにあります。


これらの出来事は、ある日突然まるで台風のように押し寄せてきます。
しかもそれが身近であればあるほど、精神面、身体面、経済面、
どれをとっても負担は大きくなっていくのです。


しかし!
ある程度の対策をあらかじめ立てることでこれらの負担は軽減できるのではないでしょうか?


たしかに精神的、身体的ダメージはその人だけにしか回復させることはできないでしょう。
ですが経済的な問題はあらかじめ知っておくことで軽減させられるものです!



そして、特に相続が発生する関係にある方には、
事前にしっかり話し合っておくことをお勧めいたします。


「そんな話縁起でもない!」
「相続する財産なんてないから必要ない。」
「うちの家族は仲がいいから大丈夫。」


・・・よくそんな話を耳にしますが、これは非常に危険な考えです!!



そこで、これから複数回にわたって相続・遺言について解説していきます。


なお、相続・遺言についての詳細は
   ↓↓↓相続  福岡市  司法書士 


又は電話 092-751-1018 へ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。